本日は仕事で東日本橋へ行ってきました。

えー、行く前に過去の記憶を辿ってみましたが、この6年間で東日本橋に行ったのは3回くらいかな?

行き方をジョルダンで調べて手こずるような駅です(笑)

5回程検索し直しました、はい。

 

それで完全な思いつきなんですけど、あまり行かないエリアだからランチでも開拓してみようかと。

「さて何食べようか。ラーメン、トンカツ、チャーハンと餃子、いやいやここはあっさり定食かな」

と色々思案した結果、やっぱり好きな蕎麦でしょ。

ということで、『更科丸屋』さんにお邪魔しました。

IMG_2239

「あぁ、この店構えは美味しいわ」

何を隠そうワタクシは高校サッカー部の頃にあだ名で「グルメ部部長」とつけられるくらいの食べ物好きだったのに加えて、社会人になってから何故かフラリと入った店が後から調べたり聞いてみたら美味しいお店だったという天才肌を持っております。

「え? 嘘だろって?」
ええ、記憶にあるのは美味しい店だけです(嫌な記憶は抹消するタイプですから。笑)
IMG_2240

引いて写真取ったらこんな感じです。

・・・・・・んー、微妙!!!

っていっても、ここまで来て引き返すような時間はないので、とりあえず入店です。

【普段は迷わないんですが。。。】

「はい、いらっしゃい!」

こういうお店には必ず居る、いかにもお世話好きそうなおばちゃんがお出迎え。

職人さんは厨房で黙々とオーダー聞いて「あいよ。」しか言わない感じ。

おばちゃんは水の入ったコップと、スポーツ新聞をポンッとテーブルへ置いていく。

 

「うん、これこれ。何も言わずともこの新聞を置いてくホスピタリティね。
 美味しい店のね、雰囲気だよね。さて、メニューは、、、」

と思ったがテーブルには見当たらない。

「あぁ、ゆるい経営方針によくあるメニュー置き忘れてる系ね。」

と、おばちゃんにメニューを催促しようと思い、ふと顔を上げてみて気がついた。

店の壁にメニューが札に書いて貼ってあるのだ。しかも洒落っ気出して不規則に。

 

つーか、なんで俺から一番遠い対角の壁にお昼のオススメメニューが貼ってあんの(泣)

どれにするか悩んでみる。が、値付けもメニューも絶妙すぎて選べない。

こういう場面はあまり無いから困った。いつもはポン! と決められるんだが。。。

とりあえず聞いてみるかということで、

オレ:「あのー?  オススメの鶏南蛮そば定食って何ですか?」
おば:「白いご飯がついてんの」
オレ:「あー、なるほど。(炭水化物×炭水化物はNGだから・・・)」
オレ:それじゃあ、もう一つのオススメの天丼とミニ蕎麦・・・(あっ、こっちも炭水化物×2!笑)・・・じゃなくて、鴨せいろで

と結局、鴨せいろをオーダー。

初めての店だから別な物をと思ったけれど、鴨せいろがとっさに出てくるあたり、

ワタクシ、本当に鴨せいろが好きらしい。

IMG_2235

それでまぁ、やっぱり見立て通り美味しかったわけなんですが、そこはグルメ部部長としてキチンと食レポしなければなりませんからね。書きますけれどもね。

まず、蕎麦は更科蕎麦なので真っ白でございます。ちょっとモッチリとした感じです。ふむふむ、これはこれで中々イケル。

IMG_2236
蕎麦をつける鴨汁は少し強めの甘辛に仕上がっておりまして、どんどん蕎麦が進みます。

これは好き嫌いが分かれる所ですが、ワタクシ好みではあります。

(欲を言えば、鴨を大きめにしてもらえれば嬉しかったですかね。)

 

この鴨せいろ、純粋な蕎麦っ食いはどうなんですかね。邪道なのかな?

まあ、元々更科そばは蕎麦の香りが控えめなので、良いんです。ツユはたっぷりつけてしまえば。

そして、いよいよラストです。

落語でいえば真打の登場です!

IMG_2237 IMG_2238

蕎麦湯ですね!

ここのは後からそば粉を足したのかな? っていうくらい濃厚でした。

たっぷり淹れて鴨エキスをふんだんに取り入れました。

きっと明日はコラーゲンでお肌プリプリです。誰も気づいてくれませんが(汗)

 

ということで、美味しくいただきましたが、

また次回何年後かに来た時には別のメニューを食べてみたいと思います。

下町のゆっくり出来る小気味いいお蕎麦屋さんでした。

プラス100円で大盛り出来るようです。

 

【まとめ】

蕎麦はやっぱり美味しい。

近いうちに都内の、お蕎麦の名店めぐりもしてみたいな~。

 

 

【訪問したお店ログ】

更科丸屋 (さらしなまるや)
東京都 中央区 東日本橋 2-12-2

【平日】11:00~15:00、17:30~20:30
【土】11:00~14:00
※日祝休み