重ね合鴨そば

 

 

池袋のオススメのお蕎麦屋さんと言ったらココ!

美濃屋 文右衛門 池袋東口店」さんですね。

池袋駅東口出て、左にずーっと歩いていって、

ビックカメラ、ヤマダ電機さんを通り過ぎた所にあります。

徒歩2分ってところですかね。

 

ここはもうかれこれ4年前くらいから通っております。

年に6回くらい。2ヶ月に1度程度訪れます。

 

給料日とか、大きな仕事が終わった時とか、年末といった

”節目”に行くようにしています。

ゲンを担いでいるわけでもなく、自分の中のルールというか、まあそんなやつです。

 

実は、ワタクシ陸奥亭は無類の蕎麦好きでございまして、

・・・とは言っても、

ウンチクなぞしゃべるタイプではなく、単に本当に蕎麦が好きなんでございます。

小さい頃によくばあちゃんと”駅そば”を食べたのですが、

それが、電車で1時間離れた町へ行く時の唯一の楽しみでした。

言っておきますが、地元青森の駅そばのレベルは半端ないです。

出汁からちゃんと取ってますからね。

 

地元青森が誇る、昔ながらのファストフードだと確信しております。ええ。

 

そして、このお店も池袋でそばを食べたくなったら

ついつい行ってしまうという、馴染みのお店です。

ここに来てオーダーするのは、

9割の確率で「重ね合鴨そば」、たまに「カレーそば」

 

重ねをオーダーする時は、食べたいだけの蒸篭の枚数を選べます。

「重ね合鴨の4枚!」

ってな具合です。

1枚あたり3口~4口ほどでいけますので、調子がいい時は5枚いけます。

 

そばは田舎そばというんですかね、、噛むとフワッとそばの香りがしてなんともいいです。

それを、鴨とごぼうの入った濃い目のつけ汁につけて食べるという。

薬味が豊富なのもいいですね。

「ノリ、ねぎ、ゴマ」といった薬味3兄弟に加えて、ここはなんと「うずらの卵」がついてきます。

通は1枚ごとに味を変えていくという楽しみ方もあります。

 

「いやー、やっぱりここは何度来ても抜群の安定感出してるわ。」

 

最後に、そば湯を入れて、グッと飲み干して終いです。

 

お会計の際に、次回以降で使える「重ね1枚のサービス券」をいただけるのも

また、リピートしてしまう理由かもしれません。

大塚に本店があるようですので、いつかそちらにお邪魔してみたいなと。

では、また。

 

#####【店舗情報】#####
美濃屋 文右衛門 池袋東口店
住所:東京都豊島区東池袋1-40-6 池袋旗ビル 1F
営業時間:11時~21時
休日:なし