一日一学

パソコン

「新しいPCを購入したー!うおー!!」

 

と感動してから早1年。仕事と同じブランドのパソコンの後継機を使用しております。

若干タイプの指の位置など違うので当初は少し戸惑いましたが、

今ではサクサク操作出来ていてかなり快適です。

以前は日本製のパソコンで頑丈でしたが、

いかんせん古~~い型だったので、打つたびにストレス溜めてました。

【あ~!もう!もうっ!】っていうやつですね。

 

使うパソコンによって全然違いますね。

すごく大事です。仕事の相棒は。

 

で、このパソコン、実はもう1つ感動することがあって、”新品”ではないんです。

そう、いわゆる”中古品”なんです。

「どうせ中古だから、どれもあんまり変わらないでしょ」

なんて思っていたけれど、一目ぼれしたんですよ。中古品に。

中古なのに(のくせに)、新品のような操作性と綺麗さと

何より最高のコストパフォーマンスを兼ね備えているので即決しました。

これ、幾らだったけな。3万円くらいだったと思います。

 

——- もう1つこのパソコンを購入した理由があって —-

【PCは中古が新しい】

このワード、「んっ」って感じません?
実は、これは今回の中古PC購入でお世話になった
リングロー株式会社の当時のキャッチフレーズなのです。
(※ちなみに現在は、「中古を活かした素晴らしきIT社会を実現する」です。素晴らしい。)
この言葉すごく好きで、
しかも、ただのインパクト狙いだけではなく、
本当に”中古が新しい”理由があるのでそれを担当者の方から聞いて強く印象に残りました。
そこで、ふと思ったこと。
『キャッチフレーズがあるかないか。これって重要な違いじゃないか?』

ということで、本日のネタはこれ。
キャッチフレーズの上手なつけ方についてです。

——- キャッチフレーズが重要なワケ —-

キャッチフレーズがあるとどれだけ強みになるか?
ということを間単にまとめてみました。
・人に覚えてもらいやすい。
→同じフィールドで戦っているライバルに勝つには、
覚えてもらう必要があります。
『○○なら、、そうだ!○○さんに連絡してみるか』
って、具合になったら既に1歩前を進んでいます。

・自己紹介が楽になる。
→自己紹介が楽になります。
その1ワードが自分を表してくれているからです。

・興味をもたれるキッカケになる。
→まず、話のネタになります。
ということは、相手が既に好意・興味を持ったところから
スタート出来ます。
変わった名前や有名人と同姓同名の人が、
名刺交換の時に有利になる”アレ”です。
営業経験者は特に感じると思いますが、
営業の大体は自分に興味を持っていない所から始まります。
そういう時にもキャッチフレーズがあると、
距離が一気に縮まる可能性がありますね。

——- 簡単に使えるワザを”3つ”ご紹介 —-

今日は、
簡単に使えて、ちょっぴり違いが出るワザを3つほど紹介します。

その①【疑問もやもや系】
・先にご紹介した、「中古が新しい」が当てはまります。
これは、”中古=古い”という常識を、”中古=新しい”
と非常識にすることによって、
読み手の「なぜ?」「気になる!」を誘発しています。
「解明しないと夜も眠れない」ですね。

『ビールは”ぬるい”が美味い!』
『長寿の秘訣は肥満にあった!』
たとえば、こんなところでしょうか。

その②【不安そわそわ系】
・これは、結構本のタイトルなんかに多いですね。
『残念な人がやる~~~』
『日本人の8割が陥る~~~』
『実は○○だらけ!コンビニの食品大解剖』
こんな具合でしょうか。
ただ、煽るだけ煽っておいていざ読んでみると
大したことなかった。
なんていうのが結構多いですよね。

その③【数字インパクト系】
・これは、事例で見たほうが早いですね。
A:『温泉マニアが厳選したいい宿ベスト10』
B:『日本全国1、000箇所の温泉を制覇した
温泉マニアが厳選したいい宿ベスト10』

これは、断然”B”の方がインパクトがありますね。
数字を入れるだけ。結構簡単なので最近意識しています。
TVCMや本屋さん、駅の広告なんかでも
結構学べる所はたくさんあります。

ぜひぜひ、自身でもよい作品からエッセンスを
真似るなどして、活用してみてください。